【ウナギの日】土用の丑の日とは【結局の意味は?】

土用の丑の日

f:id:sikaoto:20150724125232j:plain

こんにちはー。

 

今日、

2015年7月24日は土用の丑の日です。

 

土用の丑の日と言えば、

ウナギを食べる日となっています。

何故ウナギなのか?何故そうなったのか?

などを調べてみました。

(引用過多)

 

土用の丑の日とは?

土用の丑の日は、

土用の間のうち十二支が丑の日

丑の日:一日ずつに十二支を振り割って丑になる日。

 

土用とは、

暦の雑節の一つ

雑節季節の移り変わりをより的確に確かめるために設けられた、

特別な暦日

節分、彼岸、社日、八十八夜、入梅半夏生、土用、二百十日、二百二十日の9つがある)

 

土用は、

四季を区別する四立(立夏立秋立冬立春)の直前18日間ずつにある。

 

夏の土用は、

立秋直前(昔の暦だと8月は秋だったため?)を差す。

そのため、

寒(冬)の土用の丑の日もある。

近年、

鰻の漁獲量・消費量の多い長野県岡谷市では、

夏と冬の土用の丑の日に鰻を食べる習慣を広げようとする活動がある。

 

では何故鰻を食べるのか?

日本の暑い夏の時期を乗り越えるために、

栄養価の高い鰻を食べるというのは「万葉集」で詠まれている程に古い物である。

万葉集とは、7世紀後半から8世紀後半ころにかけて編まれた日本現存の最古の和歌集。

しかし、

土用の丑の日に鰻が食べるという習慣となったのは、

明和誌」によると、

安永・天明の頃(1772~1788年)よりの習慣であるという。

明和誌とは、1822~1823年江戸時代文政5年当時の話題を集めた書物

 

鰻を食べる習慣の発祥の由来は幾つかある。

 

通説:平賀源内

最も良く知られているのが、

讃岐国(今の香川県)出身の平賀源内が発案したという説。

 

商売がうまく行かない鰻屋が、平賀源内の元に相談に行った。

源内は「本日丑の日」と書いて店先に飾る事を勧めた。

するとその店は大繁盛し、

他の店も真似るようになり、

土用の丑の日に鰻を食べるという風習が定着したという。

 

一説によると、

丑の日に『う』の字の附くものを食べれば夏負けしない」という風習があったとされ、

鰻以外にも瓜や梅干し、うどん、うさぎ、馬(うま)肉、牛(うし)肉等を食する習慣もあったよう。

しかし、

今残っているのは鰻を食べる風習のみ。

 

実際に鰻には、

ビタミンA・B群が大量に含まれているため、

夏バテ&食欲減退の防止の効果が期待できる。

しかしは、

冬眠に備えて身に養分を蓄える晩秋から初冬にかけての時期

そのため、

秋から春にかけての味よりも夏の味は落ちるそう。

(だから冬の土用の丑の日に食べる活動をしているんですね。)

 

土用の丑の日について調べてみましたが、

色々な意味や歴史があるんですね。

土用は年に4回あるので、

土用の丑の日は1年に4回はある模様。

(鰻そんなに食べないけど)

 

それに合わせて、

スーパーマーケットやコンビニでは、

夏の土用の丑の日以外にも鰻を食べる習慣を広めようとする動きがあるという。

丑の日は季節の変わり目だから、

栄養価の高い鰻を食べて精を付けようという趣旨なので間違いは無い。

 

ただ、

絶滅危惧種の鰻もいたり、

養殖が難しかったりするので鰻を食べるといっても簡単ではありませんね。

(お値段高いしですし)

 

鰻...

美味しいですよねー...

(ジュルリ...)

 

それではー。

 

広告を非表示にする