【新ナンバリングタイトル】ドラゴンクエストⅪ【待ってました】

ドラゴンクエストⅪ 過ぎ去りし時を求めて

こんにちはー。

昨日7月28日、

ドラゴンクエスト新作発表会が開催されました。

 

そこで、

ナンバリングタイトルとしては3年ぶりとなる新作、

ドラゴンクエストⅪ 過ぎ去りし時を求めて」が発表となりました。

そして、

Ⅺ発売でドラゴンクエストⅠ生誕30周年となります。

(発売は来年の5月になるのかな?)

 

タイトルロゴ

f:id:sikaoto:20150729100332j:plain

んん?このタイトルロゴどこかで見覚えが?

と思ってみたところ、

f:id:sikaoto:20150729100542p:plain

ドラゴンクエストⅠのタイトルロゴにも似たようなドラゴンが...

そちらを左右対称にしたイメージですね。

ドラゴンクエストⅠ発売30周年....ⅪとⅠ...同じⅠを持つナンバリング

何か関係があるんですかね?

竜王復活であったり、舞台がアレフガルドだったり?

とまあ、

色々な憶測が浮かびますが楽しみですね。

 

発売プラットフォーム

発売されるプラットフォームは、

PlayStation4とNintendo3DSの2つ

どちらともストーリーに違いはない模様

 

しかし、

携帯機と据え置き機。

スペックの違いがあるので、

表現の違いはかなりの物。

 

PlayStation4のデモプレイ映像は、

高画質なフル3Dの映像

ジャンプやフリーアングル等は3Dゲームならでは。

フィールドはシームレスで読み込んでいるため、

読み込み時間は少ない。

シームレス:ユーザーが複数のサービスを違和感なく統合して利用できること。マルチタスクで、先読み込みしてるのかな?

流石PlayStation4。

描画も奥の奥までハッキリとしています。

滝の水等の自然物の動きもリアル。

 

バトルはランダムエンカウントではなく、

シンボルエンカウント

(ナンバリングではⅨから全てシンボルエンカウントになりましたね。)

エンカウント式はそれなりに物議がありそうですが。

 

そして、

Nintendo3DSのデモプレイ

上画面は3D映像、

下画面は2Dのドット絵映像。

2画面を活かした仕様ですね。

(おなじみのドット絵、待ってました)

3Dといっても、

PlayStation4の様に八頭身ではなく、

可愛い三頭身キャラクター

 

移動操作は上画面と下画面、

それぞれに別の操作が対応。

上画面はアナログスティック。

下画面は十字キー。

(どちらの画面も連動)

2Dで移動して、

奥行のある3Dの方に視点を変えて、

見つける物やジャンプでの移動もあるのかな?

 

戦闘画面は3Dとドット絵の2パターン

どちらも、

上画面が戦闘場面、

下画面が情報表示画面。

切り替える事で、

3Dでの戦闘と情報表示、

ドット絵の戦闘と情報表示にできる。

PlayStation4とNintendo3DS、

どちらもお馴染みのコマンドバトル方式

 

イベントの映像も3Dとドット絵

同時にどちらでも見れる模様。

 

自分は、

GBのⅢ⇒Ⅰ&Ⅱ⇒SFCのⅥ⇒PSのⅦ⇒PS2のⅧ⇒DSのⅨときました。

(ⅣとⅤプレイできてないのは内緒)

GBのⅢから始まって、

ロトっ子の自分としてはロトに関する内容だったら余計良いなーと思います。

ドット絵復活なのも凄く楽しみです。

発売時期は未発表なので、

まだ分からないことも多いですが。

 

それでは。

広告を非表示にする