【MOD作成】手順とできることまとめ 7/22更新【Starbound】

StarboundMOD作成まとめ

f:id:sikaoto:20150802105316j:plain

こんにちはー。

Steamで配信のゲーム、

Starboundで自作MODを作ろうと思っていろいろ調べてみました。

(まだ、穴だらけですが)

 

必要な物

・ペイントソフト:アイテムイラスト描くために。透過効果できるものを。

・テキストエディタ:レシピだったり効果を記述するために。

・Assets:MOD作成のための情報が入っている。

 

意外に必要な物は少ないみたいですね。

自分はペイントソフトは透過ができて、

ドット絵の作れるEDGEを使います。

テキストエディタは、

サクラエディタが良さそうですね。

(これでDSやWiiのゲームプログラムとかも編集できたし)

 

Assetsはコマンドプロンプトで、

"C:\Program Files (x86)\Steam\SteamApps\common\Starbound\win32\asset_unpacker.exe" "C:\Program Files (x86)\Steam\SteamApps\common\Starbound\assets\packed.pak" "C:\Program Files (x86)\Steam\SteamApps\common\Starbound\assets"

を右クリックで貼り付けて実行。

で展開可能。

これまではコマンドで解凍していたpacked.pack内のデータが、

既にassets内に展開済みになったようです。

 

※C:はインストール先ではD:になったりもします。

 

↓以下はテキストエディタで編集作成が必要。

 (下記の前提ファイルは既存MODなどを参考にすると簡単です。)

MOD定義ファイル(MOD名.modinfo)
コンフィグファイル(player.config)
レシピファイル(.recipe)

が基本として必要。

 

アイテムを作成するなら、

定義ファイル(.種別名)

画像ファイル(.png)

武器ならば、

武器の攻撃エフェクト画像(.png)

エフェクト識別ファイル(.projectile)
フレーム定義ファイル(.frames)

が必要?

 

銃系統ですと、

弾丸画像ファイル(.png)
弾丸定義ファイル(.plojectile)
弾丸画像フレームファイル(.flames)

マズルフラッシュ画像ファイル(.png)

マズルフラッシュ画像フレームファイル(.frames)
マズルフラッシュアニメーションファイル(.animation)

銃声ファイル(.wav)

も必要なようです。

(まだ不明確です)

 

MODで出来る事

MODで出来る事には、

幾つか種類があるようで。

 

自分が現在導入している日本語化MOD

ゲームキャラのクリエイトのパーツを増やしたり種族を増やす種族MOD

宇宙船を拡張したり編集できるようにする宇宙船MOD

惑星の数を増やしたり、高難易度の惑星を追加する惑星、環境MOD

レシピを増やしたり、使用アイテムを増やすクラフティング&ビルディングMOD

武器や防具、服を増やす武器、アーマー、服MOD。

マニピュレータや座るアクション等を追加する力学MOD。

建築時の内装等を増やす家具&オブジェクトMOD。

ゲーム内Musicを追加する楽器&歌MOD。

船内モブ追加やモンスター召喚アイテムを追加するNPC、モンスターMOD。

鉱石が実る農産物を追加する食べ物&農業MOD。

搭乗できるアイテムを追加する乗り物MOD。

各惑星にあるダンジョンを増やすダンジョン&サイドクエストMOD。

キャラクター作成の際のスキン等を増やすキャラクター改良MOD。

いわゆるクリエイティブモードなどにできるチートMOD。

MOD導入の前提となるゲーム内ツールMOD。

ステータス編集やクラフト画面拡大等を行うその他MOD。

 

んー、

結構いろいろありますね。

自分はまずは、

武器、アーマー、服MOD。

それに合わせたキャラクター作成のためも種族MOD。

それに関連付けるNPC、モンスターMODかな。

 

まずは、

一つずつの作り方に慣れないといけませんが。

 

それではー。

 

追記)

下記のフェイスブックからコメントして頂いた方へ

『 すみません、コメント返信が大変遅れました。

MOD作成していたのがそれなりに前でしたが、

今は仕様が変わったようです。

これまではコマンドで.packだったものを解凍していたのですが、

assetsフォルダ内に既に存在しているようです。』