【心が叫びたがってるんだ。】まさかのコラボ【サモンズボード】

心が叫びたがってるんだ。× サモンズボード

f:id:sikaoto:20150915123903j:plain

コンニチハ。

なんと見たい映画とプレイしているゲームのコラボが決まりました。

 

 

9/19(土)から全国にて公開開始予定のアニメーション映画、

『心が叫びたがってるんだ。』(略称:『ここさけ』)。

 

フジテレビ系列『ノイタミナ』枠にて放送された

『あの日見た花の名前を僕達はまだ知らない。』(略称『あの花』

のメインスタッフが再集結して制作される映画作品です。

 

舞台

『あの花』同じく埼玉県秩父市が舞台になります。

しかし、登場人物や物語には直接の関連性は無く別の物語。

 

物語のあらすじ

少女・成瀬順は、

幼いころに家族へ何気なく投げかけた「ある言葉」がキッカケで、

家族の絆が失われてしまう。

コミックス版にてその言葉と原因等が明かされている。

 

悲しみの底に沈む順の前に現れた「玉子の妖精」により、

順は喋ると腹痛が生じる“ 呪い ”をかけられてしまった。

時は流れ、高校2年生になった順は、

“ 呪い ”のせいで他者と携帯のメールでしか会話が出来ない「ヘンな子」扱いをされている。

 

そんな彼女は突如として担任から「地域ふれあい交流会」実行委員になるように命じら

れてしまった。

困惑する彼女と共に交流会を担当するよう、

クラスメートの坂上拓実・田崎大樹・仁藤菜月も指名される。

しかし、順を含めた四人は今まで全く交流が無く、

コミニュケーションもままならない。

さらに三人は順と同じく三様の「ココロの傷」を持っており、

かろうじて出し物はミュージカルに決まったものの、

四人の仲はギクシャクし、交流会の準備は遅々として進まない。

 

閉じ込めていた感情が頂点に達した時、

順は“ 呪い ”のことも忘れ、思わず三人の前で声を発する。

自分がミュージカルで「歌うよ!」と。

ついにやってきた交流会当日。

順は歌うことが出来るのか...

 

キャスト&スタッフ

成瀬 順:水瀬いのり
坂上 拓実:内山昂輝
仁藤 菜月:雨宮天
田崎 大樹:細谷佳正

 

城嶋一基(順たちの担任の教師):藤原啓治
成瀬 泉(順の母親):吉田羊
卵の妖精:内山昂輝

 

原作:超平和バスターズ
監督:長井龍雪
脚本:岡田麿里
キャラクターデザイン・総作画監督:田中将賀
音楽:ミト
演出:吉岡忍
美術監督:中村隆
プロップデザイン:岡真里子
色彩設計:中島和子
撮影・CG監督:森山博幸
編集:西山茂
音響監督:明田川仁
企画・プロデュース:清水博之、岩田幹宏
プロデューサー:斎藤俊輔
アニメーションプロデューサー:賀部匠美
製作代表:夏目公一朗、植田益朗、清水賢治、中村理一郎、久保雅一、落越友則、坂本健
製作:「心が叫びたがってるんだ。」製作委員会(アニプレックス、フジテレビジョン、電通、小学館、A-1 Pictures、ローソン、ローソンHMVエンタテイメント)

制作:A-1 Pictures
配給:アニプレックス
主題歌:乃木坂46「今、話したい誰かがいる」

 

『あの花』では、

アニメで全話見たときも

映画版を見たときもティッシュ不可避な程の感動作だったので、

メインスタッフ再集結というだけでとても楽しみです。

(観に行くときはティッシュ用意しよう)

 

 

そして本日、

サモンズボードの公式Twitterで『ここさけ』とのコラボが発表されました。

まさかのコラボでした。

(同じガンホーの作品の『ケリ姫スイーツ』ともコラボするそうです。)

 

内容としては、

コラボダンジョンで『ここさけ』『玉子の妖精』が、

モンスターとして出現するそうです。

f:id:sikaoto:20150915123904j:plain

ゲーム内の扱いとしては、

ホーク系モンスターと同様の強化素材モンスター?

なので固定追撃モンスター推奨な様です。

(副属性経験値を持たないので、副属性の変化を考えずに強化できるようです。)

 

コチラのコラボは9/18(金)~9/28(月)まで。

コラボで興味を持って、

観に行ってくれる人が増えると良いな。

広告を非表示にする