ようやくのゆっくり⇒CULへの変更完了です。

紅葉@Vocal.CUL

f:id:sikaoto:20150615211632p:plain

コンニチハ。

9月に入ってすぐに、

「秋目前なので」という事で童謡の紅葉を編曲。

そしてそれをゆっくりに歌わせ?ました。

 

 

sikaotoning.hatenablog.com

 

それからしばらく経って、

なんとかVOCALOID『CUL』に歌ってもらう事ができました。

 

 

いやー、

曲自体はあるのになんでこんなに時間がかかったのか。

曲の方は『テキスト音楽サクラ』というソフトで編曲したので、

ドレミ~のカタカナの読み方が分かればなんとかなったのです。

 

しかし、

VOCALODに歌ってもらおうとすると、

アルファベット表記でDEFGABCの順になっていたり、

(間にmが付いたり)

C1~C4とかあったりするので理解するのに時間がかかりました。

 

曲の方も元の曲そのままであれば、

特に気にせず合わせればよかったのです。

しかし、若干の編曲をした後だったので、

合わせるタイミングがずれていたり、

長さが合わなかったりとしたのも問題でした。

(まだ若干ズレている部分があるかもしれませんが。)

 

 

一応の完成という事で投稿完了です。

現状はMMDで歌っている動画を作れないかと編集中

CULのモデルは公式の物を拝借。

背景は紅葉のステージモデルを拝借。

 

vsqで口パクのモーションが取れるのですが、

M3はvsqxなので、

MMM経由しての口パクの方のモーションを作成することは完了。

 

あとは、

立ったままなのもアレなので、

動きの方をどうしようかと...

(大人しい曲な童謡なので、ダンスもあれかなーと)

カメラの方の動きも制御しないとですね。

 

とまあ、

そんなこんなでVOCALOIDの方も動き始めた?所。

 

 

 

Starboundの方は、

ゲームのシナリオがもうすぐ終わるかもしれないので、

どうしようかなー?と。

MOD作成建築を中心にしていく予定。

プレイヤーが多ければマルチにも参加したいけれど...

 

それではー。

 

 

広告を非表示にする